プロジェクト

温室再生プロジェクト

環境センサープロジェクト

水耕栽培プロジェクト

水耕栽培プロジェクト

―水耕栽培による野菜の育成 ―


温室再生プロジェクトにより温室の機能を回復した温室にて薄膜水耕を開始しました。
現在は、焼肉などと一緒に食べる機会の多い野菜「サンチュ」を栽培しております。


無農薬栽培を心掛けているため、病虫害に悩まされることもありますが、一つ一つ症状を調べ対策を講じ栽培しています。
水耕栽培では、土壌栽培と違い成長に必要な栄養を常に同条件で供給することが出来るため、くせや苦みが無く色味や形のきれいな作物を栽培することができます。



播種から15日目

生長の初期では、下のベッドが見えるぐらいのサイズでした。

播種から45日目

生長が早く収穫が追い付かないこともありました。

クリックすると「サンチュ拡大画像」が表示されます。

播種から150日目

まるで街路樹のヤシのように育ったサンチュです。




  薄膜水耕とは

水耕栽培は、その名前の通り土を使わず「水で栽培をする方法」を指します。 水耕栽培では、野菜だけでなく、果物や花など、さまざまな種類の植物を衛生的かつ、簡単に育てることが可能です。

水耕栽培のメリット

 • 小さなスペースさえあれば、室内など、どこでもカンタンに栽培できる
 • 管理がラクで、健康な野菜や果物を育てやすい
 • 自動制御ができるため、留守中でも安心
 • 土耕栽培に比べて成長のスピードが速い
 • 殺虫剤などを使わずに済むのでカラダにも安全
 • 収穫量が多く、植物や野菜の質が安定している


今回、弊社のプロジェクトとして採用した栽培方式は、薄膜水耕(NFT、nutrient film technique)という方式です。
薄膜水耕とは、野菜を育成するベッドに緩やかな傾斜を持たせ、培養液を混ぜた水を薄く(少量ずつ)流し循環させる方法を言います。


水耕栽培

ページ上部へ戻る

お問い合わせ
資料請求・お問合わせ