放送通信機器

データ放送システム

FNS series

光ファイバーカプラ

光送信機

同時TS録画システム

上り回線生中継装置

HD映像IP伝送装置

自主放送自動送出装置

256QAM/64QAM変調器

地デジ放送パススルー伝送装置

ピックアップ

ナノファイバー技術情報特集 お問い合わせ

放送通信機器

直接変調型光送信装置 DOT-101         販売終了しました

画像:DOT-101
広帯域伝送に対応。冗長化電源搭載で安心運転。

直接変調型光送信機 DOT-101 は、ケーブルテレビ局のヘッドエンドから送出される放送信号を光に変換し、伝送するための装置です。広帯域伝送に対応したコストパフォーマンスの高い製品です。

特長

◆ 広帯域伝送に対応
CATV帯域 (90〜770MHz)、BS-IF、 CS-IF 、さらに将来の 110°CS左旋サービスの帯域 (1000〜2610MHz) での伝送をすることができます。
◆ 冗長化電源を搭載
ホットスワップ型の冗長化電源を搭載していますので、安心してお使いいただくことができます。
◆ SNMP・Webブラウザによる制御・監視
Ethernet インターフェースを搭載しており、SNMPおよび Webブラウザによる遠隔制御、監視をすることができます。

ブロック図

DOT-101ブロック図

仕様・性能

【仕様】

 CATV入力部BS・CS入力部
周波数特性90〜770MHz1000〜2610MHz
入力レベル70〜90dBμV80〜100dBμV
伝送波数80波 (OFDM/64QAM)24波 (BS-IF/CS-IF)
インピーダンス75Ω75Ω
コネクタF型F型
モニター端子入力レベルに対して -20dB (F型)入力レベルに対して -20dB (F型)
 レーザー発光部
波長1540nm〜1560nm
波長変動範囲±0.15nm 以内
光出力レベル+5dBm 以上
コネクタSC/APC
出力端子数1
  • ■ 外部インターフェース  LAN (Ethetnet)   10BASE-T, 100BASE-T (RJ-45/1ポート)
  • ■ LED 表示・設定部 RF入力、光出力、レーザー、ファン、電源の状態などを表示、設定

【一般特性】

環境条件温度 10℃〜40℃
湿度 30〜80% (結露のないこと)
定格電圧AC 90〜110V 50Hz/60Hz
外形寸法480 (W) x 44 (H) x 400 (D) mm(突起物は除く)
重量5kg 以下

カタログ・仕様書

お問い合わせ
資料請求・お問合わせ