ディスプレイ検査機器

TV用液晶パネル検査装置

中・小型液晶パネル検査装置

液晶バックライト用電源

直流安定化電源

有機ELパネル検査装置

自動校正装置

ピックアップ

ナノファイバー技術情報特集 お問い合わせ

中・小型液晶パネル検査装置

アナログ駆動対応LCD信号発生器    ATG-01

画像:ATG-01
アナログ駆動対応、量産ライン向けユニバーサル信号発生器

携帯電話・デジタルカメラ等に使用されるp-Si TFT-LCDパネルで、アナログビデオ入力に対応したユニバーサル信号発生器です。解像度は、QXGA(2048×1536)はもちろんの事、水平画素数4096ドット(ブランキングを含む)垂直ライン数4096(2Vでブランキングを含む)まで可能です。クロック信号やスタート信号等のタイミング信号とビデオ信号は、マスタークロックの1クロック単位で作成できますので、どのようなタイミング信号も自由に、しかも簡単に作成・編集ができます。
電源は、V1~V4で4チャンネルを出力します。タイミング信号32種類、電圧・信号レベル設定32種類と映像信号の32種類の組み合わせで、検査条件を最大64ステップ作成できます。

特長

生産ラインに最適
これ一台でパネル駆動に必要な電源と信号を供給でき、省スペースに貢献。出力ケーブルは1本のみでスッキリ配線。CPUにH8マイコンを使用し、OSを使用しないシンプルな構成で低価格を実現。検査に必要なボタンのみをリモートBOXの手前に配置し、作業性の向上を実現。
フレキシブルな出力チャンネル
編集ソフトにより自由に出力チャンネルが選べるので、様々なパネルに対応。パネル用電源4ch、Timing信号(駆動信号)10ch、COM信号3ch、Function信号(制御信号)8chはそれぞれのグループ内で自由に設定できます。Vsig(VIDEO-R,G,B)各1chは固定。
電源の電流自動判定
設定した範囲外の電流が流れるとブザーが鳴り次に進めなくなりますので、不良を見逃しません。
手持ちのパソコンで簡単編集
設定ファイルを信号編集用ソフト(PC Software)で簡単に編集できます。信号編集用ソフトでは、クロスハッチ、ラスター、ウインドウ、斜め線、縦線、チェスパターンの作成機能があるため、簡単・迅速に検査パターンの作成が行えます。ビットマップファイルで作成された自然画などの複雑な絵もそのまま登録することが出来ます。信号パターンデータの組み合わせは、電圧条件設定データ、タイミング設定データ、VIDEO設定データの3種類のファイルを、ファイル名で指定し組み合わせているため、以前作成したファイルもそのまま流用することができ、検査パターンの設計が容易に行えます。
最大64種類の検査ステップ
最大64ステップの検査パターンの組み合わせが可能なので、様々な検査が可能です。
エンコーダーで電圧可変
リモートBOXのエンコーダーでコントラストとCOMセンターの可変が行えます。

カタログ・仕様書