ディスプレイ検査機器

TV用液晶パネル検査装置

中・小型液晶パネル検査装置

液晶バックライト用電源

直流安定化電源

有機ELパネル検査装置

自動校正装置

ピックアップ

ナノファイバー技術情報特集 お問い合わせ

TV用液晶パネル検査装置

LVDS入力モジュール駆動装置    SGX-01

画像:SGX-01
LVDS入力のLCDモジュール駆動信号発生器

本装置は(Model:SGX-01)、主にハイビジョンやFULL HDサイズのLVDS入力方式のLCDパネルに対応した信号発生器です。
リモートボックス内部のフラッシュメモリに書き込まれているテストパターンデータによって画像を生成し、表示します。

SGX-01コントローラー

製品紹介ビデオ

特長

軽量・コンパクト設計
本体はB5に収まるサイズに作られており、利用時には実験台や検査コンソールのスペースをより有効に活用することが可能です。重量も1kg程度となっており、作業場所の移動や出張の際などに容易に持ち運ぶ事ができます。
広範囲なドットクロック周波数への対応
ドットクロック周波数は、Single-Linkで135MHz、Dual-Linkで270MHz(135MHz×2)まで対応可能です。(オプションによりQuad-Link 540MHzまで対応可能)
簡単操作
・機種毎の信号パターンデータは、パーソナルコンピュータで編集を行い、RS-232-Cを介してリモートBOX内の内蔵フラッシュメモリに転送する事により、テストパターンデータを更新する事が出来ます。複数のテスト条件を同時に格納することができるため、機種変更のデータ切り替えを短時間でおこなうことが可能です。 ・PCリモートを操作することにより、スクロール動作方向・速度/VIDEO信号各色のディジタル階調データの可変/各種SYNC信号の周波数などを容易に調整することが出来ます。 ・パネル上にクロスラインカーソルを表示し、自由に移動することができ、座標確認も可能です。
スクロール及びモーション動作による、動画応答性能評価
・各表示ステップ毎に、任意方向・任意速度での自動スクロール動作を設定する事ができます。 ・各表示ステップ毎に、任意座標・任意速度(周期)でのモーション動作(ピンポン/円/振り子)及びテキストスクロール動作が可能です。 上記の項目については、PCリモートソフト(オプション)を利用することにより、ステップ毎の設定とは独立して自由に操作をする事が可能となります。 ・これらの機能を利用することにより、パネルの動画応答性能の評価をおこなう際に役立てる事ができます。

カタログ・仕様書

お問い合わせ
資料請求・お問合わせ